楽天~ヤフー~アマゾン~ インターネットコマース黎明期から独自の商品構成で20年、店舗運営に携わった元店長が提供する、健康・生活・食に関する情報の引き出し

2021-03

ダイアリー

草むしり

カタバミのハート型葉っぱは可愛く、暫くこのままと思いましたが、犬がむしゃむしゃ食べだしたので刈ることしました。草むしりを終えたら、ペノブスコットグライダーに身を沈め珈琲を。すると犬が飛び乗って来て、ペロペロ~と口撃!?・・仕合せなひととき。
ダイアリー

春分 3月20日 – 4月3日

哀しみも歓びも~美しい桜を愛する心。開花を待ちわび、花に酔い、散り行く桜を惜しむ・・桜ほど暮らしの中で季節を感じさせる花はないかも知れず。寒さも終わり本格的な春がいよいよ。梅から始まり桜に繋がれ、そしてツツジから紫陽花へ、豪華リレーの只中。

春早い山を想う・ニンニクとニラを混ぜたような~行者ニンニクの独酌

ニンニクとニラを混ぜたような独特な匂い。別名アイヌネギは標高の高い清流沿いに自生。白土三平師曰く「深山に入りムスビと一緒に採りたてをかじるが最高」。春早い雪渓の中で見出せばどんなに嬉しいか・・静かに杯を重ぬる。山にまた春がやってきたのだ・・
ダイアリー

桜とミツバチ

春の嵐の翌日、公園の桜は心配をよそに青空の下咲き誇り、香りに誘われたミツバチがホバリング・・過去何十年も仕事に追われ、ゆっくり桜を眺める時間もなく、毎年、来年こそはと思っていましたが、ようやく心に余裕が出来、束の間の桜にも仕合せを感じます。
生活

小さな庭の快適~BYER ペノブスコットグライダーでくつろぐ

生活のリセットで長年住まったマンションから小さな庭付きの住戸に転居・・もしかして、こちらの方がいいかも知れない。ささやかながら手作りの庭・空間。米国BYERペノブスコットグライダー~今や廃版の椅子に身を沈め珈琲を飲む。回想して、今を安らぐ。
ダイアリー

ゆず湯入り納め~セルフマッサージのルーチン

思いがけない頂き物・・「庭の柚子です。お風呂に入れて下さい」と差し出され心躍りました(^^) ヒジの下~下膊~上膊~指先で摘まんだり手の平で揉み解すと腕や肩が随分楽になります。シャワー後、オーガニックコトンのバスタオルの肌触りに安らぎます。
ダイアリー

小さな公園・小さな開花

春の嵐の翌々日、毎朝犬と散歩で立ち寄る小さな公園の木の枝を見上げると沢山の蕾が膨らんでいました。雨模様だった6日の翌日、中には小さな花びらが開いているのもありました。一方、道路片隅には梅の花びらが。散りゆく花と咲く花~静かに流れる春の時間。
ダイアリー

啓蟄 3月5日 – 3月19日

少し前2月4日、関東で過去最も早い春一番が吹いた日。帰路を急ぎ歩いていると、ヒョコヒョコ大きな物体が地面をゆっくり移動・・カエルでした。強い春風、大気の動きで春を感じたのか?二十四節季では啓蟄にカエルなど冬眠していた虫たちが活動し始めると。

菜の花・望郷 故郷を思いながら、ほろ苦い春の味覚をいただく

子供の頃、新潟の実家の畑には菜の花が沢山植わっており、春の日の眩しく広がる黄色い景色をよく覚えています。おひたし~ニンニク炒め~アクアパッツァ等々、味わい方は豊富です。遠い故郷に想いを馳せながら、ほろ苦い食卓の春に舌鼓を打ち、春を感じます。
ダイアリー

春の嵐

つぼみだったハクモクレンも花開き、追ってシモクレンも咲きだしました。今日は全国的に荒れ模様、春の嵐・・散ってなければよいが・・そして”春に3日の晴れ間無し”。雨の日を何度か通り越し、その内に桜も咲き始めるでしょう。春は確実に進んでいきます。
タイトルとURLをコピーしました