楽天~ヤフー~アマゾン~ インターネットコマース黎明期から独自の商品構成で20年、店舗運営に携わった元店長が提供する、健康・生活・食に関する情報の引き出し

ダイヤモンド富士 ~待春

ダイヤモンド富士ダイアリー
スポンサーリンク

「魚料理はじめました!」


2月6日

気恥ずかしい富士・・

駅からの富士
これは湘南の某駅の改札口前から見た富士。
この場所からは全景が見られるので、立ち止まって撮影する人がかなりいます。
なんかミーハー(死語!?)みたいといつも撮っている人を遠巻きに見ていましたが、
久しぶりに雪をかぶった姿なので気恥ずかしかったですが(^^;
自分も立ち止まりました。

今、コロナ、コロナと騒いでいますが、実は水面下で富士の噴火が囁かれ、
専門家の間では危機感が募っているとか・・
地下のマグマの活動が活発化しており、その関係で富士の地表が熱くなり、
雪が積もらない状況という・・
そう、確か年末位までは黒い山麓の地肌のままでした。
ようやく真っ白い冬の富士を見て安心しています。

近所での富士を見るベストポイントは毎年正月に箱根駅伝が走り抜ける~
茅ヶ崎の一中前辺りの国道では?と思います。
R135を走るとその場所で正面に大きくそびえる存在感に圧倒されるほど。
何故、冬はこんなに大きく見えるのか?いつも不思議に思っています。

ダイヤモンド富士
そして富士山といえば、”ダイヤモンド富士”もまた人気です。
自分は見たことないですが、
随分前、家人は犬(初代)と海辺のサイクリングロードを散歩中に見たと言います。
不肖な自分なので家人には何もしてやれなくて、今後のリカバリーが最大のテーマです。

だい鉄
だい鉄

でも(ダイヤモンド富士がキレイだった)という言葉を聞いて、少しは安堵しました・・



家人がその時に一緒に見た犬・・
先日が命日でしたが、今年も花を飾ってくれました。

自分はここに写真を飾り、一緒に待ちたいと思います。

待春


タイトルとURLをコピーしました