楽天~ヤフー~アマゾン~ インターネットコマース黎明期から独自の商品構成で20年、店舗運営に携わった元店長が提供する、健康・生活・食に関する情報の引き出し

二十四節気 秋分 9月23日–10月7日

稲刈りダイアリー
スポンサーリンク

 

秋分


*見出しの写真:稲刈り  
 昼と夜の時間が同じになる日 折り返しの節目を感じます
 コンバインの上は随分前の甥っ子の雄姿(^^)


二十四節気 秋分 9月23日 – 10月7日


中秋の名月


薄曇りの中でしたが、今年は見ることができました
駅前ではみなスマホを向けていました

【初候】雷声を収む かみなりこえをおさむ


ぶどう


疲労回復のもととなる果糖、ブトウ糖たっぷり~♪

だい鉄
だい鉄

新潟の実家には2本のぶどうの木がありました。

 

うろこ雲


雲にも秋を感じます。うろこ雲が現れると2~3日後は雨が降ります。

【次候】蟄虫戸を閉す ちつちゅうとをとざす


サバの竜田揚げ


旬の秋サバを竜田揚げにて。
カレー味も食欲が沸き、美味しいものです。

赤トンボ


子供の頃、刈り取った稲の上に赤トンボがよく乗っていました。

【末候】水始めて涸るる みずはじめてかるる


キツツキ


キツツキは俳句の季語といいます。


彼岸花


都会では見られないですが、あぜ道や、何故か?墓地周辺に多い彼岸花(曼殊沙華)。

柚子


実際、まだ少し早いのですが、旬の食材とされている”柚子”
もう少しすれば、毎年楽しみにしているこれが!

 

 

葉生姜

 

だい鉄
だい鉄

亡き父は夕食によく畑から抜いてきた生姜に味噌を付けてかじり、キリンビールを飲んでいました。
当時のキリンはもう無いですが、今宵は生姜をかじろうか・・

 

 


タイトルとURLをコピーしました