楽天~ヤフー~アマゾン~ インターネットコマース黎明期から独自の商品構成で20年、店舗運営に携わった元店長が提供する、健康・生活・食に関する情報の引き出し

朝市の出物!シマアジにも劣らぬ味わい~カイワリの刺身・骨せんべい

かいわり
スポンサーリンク
「魚料理はじめました!」

夏の海のカイワリ

水面
若い頃、ダイビング指導で海洋実習やツアーにて頻繁に通っていた伊豆の海・・
春の濁りが収まり、夏になって徐々に水が抜けてくると、
表層にかいわりの群れを見ることが出来ました。
青い水面下、太陽に照らされ銀色に光る魚体・・美しい光景でした。

かいわり

カイワリの刺身

いつかの朝市にて・・ 水氷の中に思いがけず小さなカイワリが!
定置網で獲れた主役の魚に交じり、4匹まとめて袋に入れられ、
しかも大変な安値!
実はシマアジにも劣らぬ味~ 飛びつきました(^^)

歯ごたえがあり、そして甘みもある上品な白身の味わい・・

カイワリの刺身

カイワリの骨せんべい

スーパーや鮮魚店では並ぶことが少ない希少なかいわり。
三枚おろしで残った中骨は半日程干した後、素揚げにて。
塩を振り、バリバリかじる、ビールが堪りません(^^)V

カイワリの骨せんべい



魚料理ライン

一口メモ

食材は天からの恵み~極力無駄にしたくないものです。骨せんべいは恰好のツマミにもなり、極めて経済的でかつ旨い。
こちらのカイワリ以外にも・・アジやメバルなどでも結構作ります。
残った中骨をそのまま素揚げしても、まあまあ出来るのですが、 やはり最低半日程度干して水気を飛ばしてから揚げた方が美味しいと思います。


かこちゃん  イトヒキアジの骨せんべいです!

イトヒキアジ

イトヒキアジの骨センベイ



だい鉄
だい鉄

イトヒキアジも漁協の朝市で”オマケ”として袋詰めされ、カイワリと共に脇役として水氷の中~格安で値付けされていました。漁師さんにとっては雑魚扱い、売れれば儲けもの的存在であったのか・・
私にとっては何よりの獲物!小躍りして買い求めました。若かりしダイビング指導員の頃、初秋の海洋公園水面下で美しく輝いていた”イトヒキ”です。








 


タイトルとURLをコピーしました