楽天~ヤフー~アマゾン~ インターネットコマース黎明期から独自の商品構成で20年、店舗運営に携わった元店長が提供する、健康・生活・食に関する情報の引き出し

菜の花・望郷 故郷を思いながら、ほろ苦い春の味覚をいただく

菜の花のおひたし
スポンサーリンク

「魚料理はじめました!」


菜の花

故郷新潟・畑の菜の花


子供の頃、新潟の実家の畑には菜の花が沢山植えられており、春の日の、目にも眩しく広がる黄色い花の景色をよく覚えています。
日本海側の冬は晴れた日が続くことが少なく、概ね雪か霙模様、或いは曇り空・・2~3ケ月も灰色の空を見ていた後ですから、明るい春とその下に咲く菜の花は、その分、印象的だったのだろうと思います。

だい鉄
だい鉄

花にはミツバチが・・この光景もお馴染みでした。

菜の花

ミツバチ

まだ実家に住んでいた頃、畑には四季折々、沢山の野菜や花が育っていましたが、東京・神奈川に移り住み、時が流れるにつれ、実家の家族構成や生活様式も変わり、主に畑仕事を担っていた母も年を重ね、次第にその種類や量が減っていきました。

下は21年前の実家の菜の花です。畑の片隅にけなげに咲いています。

実家の菜の花

実家の菜の花


だい鉄
だい鉄

帰省の度に見る田舎の景色は心が安らぎます。


今、都会の暮らしでは、お店に並ぶ食材として菜の花を見ますが、
変わらず菜の花は春を感じさせてくれます。

菜の花

春の味覚・菜の花をいただく


ほろ苦い菜の花は好物です。
自分で総菜にすれば、食卓に春がやってきます。

▼ おひたし
子供の頃、よく家族各々分、皿に盛られ出されていました。
「なぶたし」と呼ばれていました。
  → 菜浸し(なびたし)→ なぶたし なのでしょう。

菜の花のおひたし

▼ 菜の花のニンニク炒め
香ばしいニンニクが菜の花のほろ苦さにとてもマッチします。

菜の花のニンニク炒め

▼ カサゴと菜の花のアクアパッツァ
菜の花とミニトマトを加えるとパッ!と明るくなります。
バター・オリーブオイル・白ワインの味に乗った菜の花が絶妙です。

カサゴと菜の花のアクアパッツァ

▼ 菜の花ツナ缶和え
茹でた菜の花にツナ缶を混ぜた簡単な総菜ですが、美味しいです!

菜の花とツナ缶


菜の花

望郷・・

かつて帰省の折、一緒に畑の菜の花を摘んでいる母の姿

嗚呼、故郷の春は

菜の花と母


魚料理ライン

一口メモ

旬:
3月~5月
調達:
野菜販売店・スーパー (有難いことに実家からも畑の菜の花が届きます)
値段:
一束 150~200円(税込)程度
調理法:
1)おひたし 2)炒め物全般 3)アクアパッツァの具として 4)てんぷら
オススメ:
やはりシンプルなおひたしが一番と感じます。




 


タイトルとURLをコピーしました