旬の野菜・山菜・魚介をこよなく愛し、産直や地産地消市場で入手した食材などを楽しむ健康生活~四季折々

化学物質過敏症に キーメイトマスクD-300A・D-200A

キーメイトマスクD-300A生活


マスクの需要


コロナ

コロナ禍でマスクの着用は当たり前になりました。もっとも長引く外出や飲食を中心とした規制の影響もあるのか?顎マスクや鼻出しなどの不完全な装着やマスク無しでの出歩きを目にすることも。

忘れてはいけないのはコロナ禍当初のマスクの品不足~売り切れ続出。入荷日の薬局には朝から開店待ちの列・・今でこそストックは潤沢ですが、予定外の需要に切迫してしまいモラールの低下に陥ることもある、危うい今の生活です。

だい鉄
だい鉄

私の場合、かつて販売していたマスクの売れ残りが多少あったので、売り切れでも安心だったのですが・・


PM2.5対応マスク

さらに少し遡り、2013年1~2月に初めてPM2.5が取り沙汰された時もマスクの買い占めが起こり、
アッという間に売り切れとなってしまいました。

本テーマの”キーメイトマスク”は本来、農薬や薬品などを扱う仕事での悪臭対処用でしたが、化学物質過敏症(CS)に病む方にも多く使用されており、実際、私もかつて20年近くネット通販含め、継続販売していました。しかし、爆発した需要下で活性炭入り脱臭マスクという特殊用途にも拘わらず、一般客注文も殺到し、苦い思いをしました。CS患者さんには命綱ともなり得るマスクですから。

コロナやPM2.5以前にマスク(特に活性炭入り脱臭マスク)が欠かせないCS患者さんの必要分まで(悪い言葉で言えば)奪い取られた現実が辛くなりました。今思うのは・・CS患者さんには万一に備え、備蓄と代替品準備の提案をすること、そして、CSに病む人以外に化学物質過敏症の存在とCS患者さんにとってのマスクの必要性を少しでも知らしめることが必要なのだと。

活性炭入り脱臭マスクの定番~キーメイトマスク


2001年5月頃だったと思います。(記憶違いがあるかも知れません)日本臨床環境医学会の講演会が都内広尾の北里研究所病院の講堂で行われた際、その年初めに係わり始めた化学物質過敏症の患者さん向け商品のマーケテイングの傍ら、キーメイトマスクの存在を知りました。

聴講される病院の先生や北里研究所病院のスタッフの方々が着用されていましたし、会は一般にも開放されていましたので、来場する化学物質過敏症の患者さん向けに販売会社のPRブースも設けられていました。この時からおおよそ20年近く、このマスクを販売して参りました。

キーメイトマアスク

このマスクは老舗の繊維メーカーから総合化学製品メーカーに発展したクラレが、溶剤臭、農薬臭などが発生する工場、現場などで作業する方々向けに開発したもので、高性能の活性炭フィルター・クラシートの採用により、嫌な臭いの元となる有機溶剤に含まれるトルエン、キシレンなどを除去する活性炭入り脱臭マスクの定番です。


だい鉄
だい鉄

必ずしもCS患者さん向けではないにせよ、患者さんの苦痛を呼び起こす様々な臭いに有効ということで、口コミで需要が広がったようです。「国産部材を使用し、国内生産であることが安心」という声も聞いていました。
このキーメイトマスクは後述する姉妹品などの登場もあり、キーメイトマスクD-300、後にキーメイトマスクD-300A という名称になっています。



クラレ 活性炭入り簡易防臭マスク キーメイトマスク (50枚入) 1箱 (D-300A-50P)

*包装形態が異なるキーメイトマスクD-200Aという品番もありますが、マスク自体は同一です。

姉妹品


キーメイトマスクD-300Aは今、クラレの関連会社・クラレクラフレックス株式会社で製造販売されていますが、同じキーメイトマスクという名称ながら仕様が異なる別品番のマスクが姉妹品として追加されています。

【キーメイトマスクPD-200】 入り数:1枚/袋×20枚/箱×10箱=200枚


キーメイトマスクPD200 活性炭り 防じん対策マスクプリーツタイプ 20枚入


だい鉄
だい鉄

外見的には一般のマスクとあまり変わらない見た目です。
惜しむらくは活性炭シート(クラシート)は国産(日本製)ですが、マスク本体が中国製というところか。一部のCS患者さんの声の中に「そこが気になる・・」とありました。


関連商品


立体コットンマスク ガーゼ付

活性炭入り脱臭マスクではないですが、かつてオーガニックコットンのマスクも販売しており、根強い人気がありました。キーメイトマスクの活性炭が強すぎるとか、その日の体調によって使い分かるとか、そうした声を聞いていました。

だい鉄
だい鉄

肌にも優しく、洗って繰り返して使えるのも有難いようです。


404 NOT FOUND | そつてん 卒業店長の健康歳時記
産直と保存を楽しむ~旬eater


販売を開始した十数年前は種類も僅かで探しても中々無かったのですが、マスクの需要が爆発し、オーガニックコットンの素材としての安心さより、今やこのオーガニックコットンを使用したマスクは市場に溢れています。・・が、CS患者さんが使えるマスクは限られていそうです。素材の構成などよく確かめる必要があると思います。

廃版製品・・キーメイトマスクCS-5


キーメイトマスクCS-5

キーメイトマスク愛用の方はよくご存じと思いますが、数年前に残念なこともありました。2003年に発売開始されてから大変重宝されていたキーメイトマスクCS-5(後のCS-5A)が終売となったことです。D-300A・D-200A同様に特殊活性炭フィルター・クラシートをメインフィルターとして採用、さらに建築材などに含まれることが多かった、悪臭原因のホルムアルデヒトを吸着・除去する優れた脱臭効果を発揮したマスクでした。

キーメイトマスクCS-5A

キーメイトマスクCS-5A
だい鉄
だい鉄

上はパッケージ表を拡大したものですが、不織布、簡易フィルター、特殊活性炭、不織布、オーガニックコットンと、
幾層にも渡り、悪臭をシャットアウトするバリケードが設けられ、
有機溶剤臭はじめ、特にホルムアルデヒトの脱臭も意図された高性能が売りでした。


終売における明確で詳細な理由は明らかにされなかったように記憶しています。(少なくても私には伝わってきませんでした)原材料の高騰により構成素材が入手困難、或いは不可能となったことは聞きましたが、製造に係るコストも膨らみ、採算が取れなくなったのだろうと推測しました。

キーメイトマスクCS-5

キーメイトマスクCS-5A

販売時は当然、国内生産で製造工程の殆どが手作業であったといいます。そのため、仕上がりには多少のバラツキがあり、購入者からの苦情も受けたことがありましたが、手作りの話をするとむしろ納得され、安心感も持たれたものです。

キーメイトマスクCS-5A
だい鉄
だい鉄

このCS-5に限らず、CS患者さん向けに製造販売された他の商品、
例えば空気清浄機などにも、 不採算により終売に至った製品はかなりあります。
ボランティアで事業は継続できず、悩ましいところです・・


キーメイトマスク販売こぼれ話


かつて、これらのキーメイトマスク(D-300A CS-5A など)を20年弱に渡り販売してきた立場で、余談というか、裏話というか・・参考になりそうなこと、追加情報を幾つか紹介します。

その1)CS患者さんとの会話:

キーメイトマスク以外に他にもあったのですが、患者さん向け商品の販売に際しては、先行したマーケティング(商品のPR活動)時も含めると数百名(少なくとも400名以上)の方々とお電話でお話してきたと思います。生の会話を通してこの病気の実際と難しさ、世の中の無理解などを知り、教わったことが多々ありました。

この病気に関わり始めて以来、第一線で日々診療に携わる専門医先生と医療スタッフ、そして看護師の方々から 沢山ご指導頂きましたが、並行して数多くの患者さんが苦しみつつも頑張っている事実を知り、逆に励まされたことが少なくなかったです。

だい鉄
だい鉄

当時、売上に追われながら思うようにならない日々にもがいていましたが、時には患者さんの声に涙し、自身の甘さが恥ずかしくもなりました。


その2)梱包材と同梱の印刷物:

反応の対象や程度にとても個人差がありますが、総じて色刷りの印刷物やインクの匂いに苦痛を覚える方が多いため、商品を入れる箱は無地の段ボール箱か無地の宅配袋、ガムテープも必ず強度を備えたクラフトテープ、もしくはPP(ポリプロピレン)のクリアテープを使いました。

商品説明や明細の案内はダメージを配慮し、細字の明朝体で入力し、さらに少しでもインクの匂いを飛ばすべく、当初は日向に干してから同梱していましたが、急な雨で濡れたり、風で砂埃が付いたり、ハトなどが寄ってきたりで衛生面に難が出たりしたことから、断念しました。

が、印刷用の紙、段ボール箱や宅配袋、ガムテープ、梱包時使用するポリ袋などの梱包材は匂い移りを避けるよう専用ケースに入れるなど、別管理していました。

クラフトテープを使った梱包
その3)空気清浄機:

商品在庫を置き、梱包作業を行う部屋のドアの内側・外側には空気清浄機(合計2台)を回し、極力室内の空気管理に気を付けていました。空気清浄機は一般的なものでしたが、後に下記の専門医推奨のセラピュアクリーン 源気(げんき)にすればよかったと思いました。

夏にはどこから入り込んだのか?この部屋に蚊が紛れ込み、刺されることもままありましたが、匂い移りを考えると虫刺されの薬の塗布もはばかられ、ましてや蚊取り線香や虫除けも使いませんでした。

化学物質過敏症に 空気清浄機 セラピュアクリーン 源気(げんき)
CS・化学物質過敏症の死活問題となる「香害」が社会問題化。溢れる柔軟剤や芳香剤などの香りで体調悪化する人が増えています。香りの商品化が氾濫する中、専門医オススメの空気清浄器セラピュアクリーン源気(げんき)は居住空間を守るため検討の一つです。

その4)荷物の匂い移りを避けるために:

患者さんの声として多かったのが、荷物自体に匂いが移って困るということでした。キーメイトマスクは元々CS患者さんの使用を意図したものではなく、製造や製品管理、工場から販売店までの搬送の際までの過程で患者さんの嫌う匂いが漂った空気環境に全くさらされないとは言えません。
当方に入荷し、荷物としての梱包に至るまでは当方がそれなりに留意しますが、その先、即ち、宅配業者に委ねてから注文者に届くまでの間、主にはドライバーによる輸送の間ですが、その間の匂い移りが心配されるのです。
実際に体にダメージを受けるレベルに荷物に匂いが付いてしまい、開梱できなかったとか、中の商品自体も使える状態ではなかったとか、そんな声もありました。

喫煙するドライバーのタバコ臭整髪料や着用する衣服の柔軟剤の匂いなどが懸念されます。
そのため、要望があれば、下記のように荷物に緩衝材のエアーキャップ(プチプチ)のシートを切って巻き、隙間もPP(ポリプロピレン)のクリアテープで塞いで梱包し、出荷していました。
時には次のような文言を書いた紙を荷物に貼ってほしいと依頼されたこともあります。

「匂いで体調を崩してしまう病気があります。喫煙者ではなく柔軟剤を使っていない衣服を着た配達員さんによって届けて下さい」

宅配業者も中々対応しづらいとは思いましたが、患者さん曰く「少しでも匂いで苦しむ現実を知ってほしい。改善努力をする風潮につなげたい」という趣旨でしたので、こちらも喜んで対応させて頂いておりました。

荷物受け取り

エアーキャップを巻いた梱包
だい鉄
だい鉄

実際、私自身も下記に記したように、CS患者さんを知り、そして商品を販売している内に相当な過敏体質になり、プライベートでも宅配便で荷物を受け取る際、玄関口でさっきまでタバコを吸っていたであろう配達員と出会い、そのモワ~としたタバコ臭を嗅ぎ、耐えられずドアを閉めた経験もあるものですから・・


化学物質過敏症(Chemical Sensitivity)
建築素材に含まれる有毒物質で発症するシックハウス症候群はお馴染みですが、化学物質過敏症(CS・Chemical Sensitivity)はあらゆる化学物質、洗剤・化粧品・農薬・排気ガス・塗料・タバコ臭等が苦痛となる難病で専門医も限られます。

逃げ道の確保


コロナ禍もあり、最近、世間の意識も変わってきた部分があります。この2年ほどCS患者さんの生の声に触れていないので正確性に欠けるとは思いますが、CS患者さん以外にも患者さんほどではないにせよ、環境や化学的なものに対する危機感を持ち、注意を払うようになってきた気がします。タバコ臭や柔軟剤の匂いを害とする立場も増えてきましたが、これらは歓迎すべきと思います。

嫌な匂い

それだけに冒頭に記載のように、マスクのような身を守る衛生資材の需要が何かの事情で高まり、またいつ何時、品薄になったり入手できなくなるか分かりません。そのためにある程度のストックを確保しておくことは勿論のこと、自作するための用意も必要では?と思うのです。

手作りマスクも一般的になりましたが、この際、下記のような素材も利用してみては?と思います。既製のキーメイトマスクのクォリティーに及ばずとも・・終売・廃版の備えとして逃げ道を作っておけば、少し安心ではないかと。(もっとも皆様先刻ご承知と存じますが)


オーガニックコットン 生地 60ローン/きなり 有機栽培綿 生地 布 布地 綿 日本製 オーガニック コットン テキスタイル 綿100% Organic Cotton Cloth

化学物質過敏症対策~世界が、未来が見えてくる・・


かつて商品販売を生業としていた頃、前述した通り、相当の過敏体質になったのですが、今はかなり軽減し、問題に感じることは少なくなりました。この辺の事情は次回に譲りたいと思いますが、このブログを立ち上げ、記事を重ねていく内に、せっかく長年CSに取り組んだ経験があるのだから、少しでも関わったCSのことも紹介しようと、このテーマで書いてみました。

・・久しぶりにCS関連の情報をネットで検索しましたら、以下の本を見つけました。


化学物質過敏症対策 専門医・スタッフからのアドバイス (プロブレムQ&A) [ 水城 まさみ ]


内容はCSに病む立場向けというより、一般の医師や看護師、医療関係者向けであり、特にCSを理解していない方々、どう対応してよいか分からず困っている方々や医療機関向けの本と思います。化学物質過敏症の本質と診断方法などについて具体的指針が専門医の立場でまとめられ、かつ栄養指導の情報も加えられており、是非、関係者には一読頂きたい中身となっています。

第一人者の宮田先生が監修され、随所ににじみ出てくる、この化学物質過敏症という難病への取り組みに関わる情熱を感じます。

命

・・そして私は、
この本の主要な著者である水城まさみ先生がお亡くなりになっていたことを初めて知りました。
先生には直接お会いしたことはなかったですが、電話やメール、お手紙で随分ご指導頂きました。
簡潔で分かり易く、優しくも力強い言葉 ・・凛としたお声は脳裏に焼き付いております。

大変お世話になりました。
ご冥福をお祈り申し上げます。


 


クラレ 活性炭入り簡易防臭マスク キーメイトマスク (50枚入) 1箱 (D-300A-50P)




【送料無料】セラピュア クリーン源気(げんき)【空気清浄機・シックハウス・ハウスシック・ウィルス・花粉・たばこ・PM2.5・塗料臭・新築臭・ホルムアルデヒド・排気ガス・ペットの臭い・悪臭】fs04gm





Profile
この記事を書いた人
だい鉄

店舗構築~受注~出荷~ネット通販実務に追われた生活にピリオドを打ち、生活をリセット。移ろう季節の中で旬の食材を美味しく味わい、日々を楽しむ湘南在住・新潟産シニア人です。

だい鉄をフォローする
生活
シェアする
だい鉄をフォローする
そつてん 卒業店長の健康歳時記
タイトルとURLをコピーしました