つくって活かす仕合わせ

サーモス保温調理鍋サーマルクッカーでアク抜き♪タケノコの刺身~

タケノコの刺身 献立

食の歳時記~フィールドノート


タケノコ

春から夏に~季節の移ろい


二十四節気・七十二候~旧暦は季節の移ろいを教えてくれます。

中でも雨水(2/18~3/4頃)から小満(5/21~6/4頃)に至る月日の流れ・・

冬の終わりに春を心待ちにし、夏に向かっていく時期までの季節感が好きです。

そして季節の花。梅~桜~ツツジ~紫陽花~この豪華リレーは楽しみです。

山の幸
この季節の食材も好物ですが、中でもとても楽しみにしているのが”タケノコ”です!

筍の季節がやってきた!


かこちゃん 分類・時期

●イネ科

●地域差がありますが、最も美味しいとされる孟宗竹はおおよそ3月から4月です。

筍前線は九州から徐々に上がってきます。→(注1)


タケノコ

タケノコが店頭に並び始めると、(またこの季節がやってきたな)と実感します。

4月終わり頃には近所のスーパー・湘南野菜コーナーに地元農家さんのタケノコが並びます。


だい鉄
だい鉄

採れたては切り口が濡れています。
それを見て個体を選びます(^^)


魔法の調理鍋・サーマルクッカー


サーマルクッカー三兄弟


いまやすっかりお馴染みとなった、シャトルシェフなどの保温調理鍋。

外鍋が真空構造になっており、サッと加熱調理した内鍋を外鍋に入れて蓋をします。

あとはとろ火にかけた状態が維持され、火を使わなくても調理が進行するというもの。

(別名:真空断熱調理鍋)

サーマルクッカー

そして廃版後、20年以上経ちますが、シャトルシェフのアウトドア仕様がサーマルクッカーです。

アウトドア用のためデザインや色合いはシンプルで、持ち運び用のハンドル付き。

大・中・小と3サイズの展開で、特に大は内鍋が2ケの構成でした。

下の鍋でご飯を炊いて、上の鍋でカレーを作る~一石二鳥の調理が出来るスグレモノ。

保温調理以外にも果物を冷やしておいたり、ワインクーラーとして使ったり、重宝したものです。


パエリア

ソーメン

ワインクーラー



だい鉄
だい鉄

かつて20年ほど運営していた楽天市場の店舗にて
2000年~2003年当時、一世を風靡した魔法の調理鍋です(^^)V


アク抜きも楽し♪


このサーマルクッカーでタケノコのアク抜きをやってみました!

勿論、通常の保温調理鍋でも同様にアク抜き可能です。




だい鉄
だい鉄

大・中・小のサーマルクッカーを当時流行った歌・団子三兄弟をもじり、”サーマルクッカー三兄弟”と名付けていました。
今回はその内の”次男”を使いました(^^)


”次男”の内鍋のサイズ(直径約18センチ)に見合った大きさのタケノコを選びました。


タケノコ


サーマルクッカー次男

サーマルクッカー次男内鍋


【サーマルクッカー(真空断熱調理鍋・保温調理鍋)を使ったアク抜き】→(注2)

▼上部を落として切り込みを入れ、米ぬかと鷹の爪を入れて火にかけます。

タケノコアク抜き

▼沸騰したら中火で20分。その後外鍋に入れ、50分以上保温です!

アク抜き

内鍋を入れる


だい鉄
だい鉄

注意点は目を離していると煮立った米ぬかが吹きこぼれ、レンジを汚してしまうこと・・
後の掃除が大変@@
そこだけ気を付けて20分程おもりをすれば、あとはほっとくだけ♪(^^)V


外鍋の中でトロ火にかけているかのように調理は進行します。

1時間弱経ってから内鍋を出せば、アク抜きは完了!その後、ゆっくり冷まします。

(お昼前に仕込めば、夕方位にはタケノコを取り出せます)

初物の刺身~


アク抜きを終えたタケノコを切り分けたら、先の柔らかいところを刺身にて。

これが毎年の楽しみ~旬の初物です!

タケノコの刺身

そしてオーソドックスな若竹煮

少し堅めを好みます。心和む和のお味・・

若竹煮



だい鉄
だい鉄

茹でたタケノコはパウチされ、通年入手可能。でもやはり朝採れに近いものを選び、自身でアク抜きしたものこそです。
美味しい刺身はそれでないといただけない。
若竹煮もまた、口中で微かに感じるほろ苦さ・・これが泣き所。




*この記事はしばらく倉庫に仕舞っていたものを 2024年5月28日に手直ししたものです。

併せて以下もご覧ください。






本

【参考サイト】
(注1):旬の食材百科 タケノコ(筍/たけのこ) https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun-vegetable/takenoko.htm 2022年4月29日
【参考文献】
(注2):Cook Book 保温調理クッキングブック 日本酸素サーモス事業本部(シャトルシェフ商品付属)78P

 



▼ 産直の美味しい食材はこちらから!

-PR-




50代半ばに中出刃を求め、指南書に従い魚を捌き食していますが、旬の食膳は美味しいし、財布にも優しい。魚を追う内に四季折々の野菜や山菜も気になり、故郷新潟の畑を思い出し売り場を眺めます。魚介や山菜は市場や鮮魚店、青果店、そして産直通販でも求めますが、野菜については自宅前の”駐車場の畑”で、一部、家庭菜園を始めました。
駐車場の畑
駐車場の畑




 


タイトルとURLをコピーしました