つくって活かす仕合わせ

青とうがらし 栽培日誌(2024.4.28)R6 春夏野菜第一弾

青とうがらし 駐車場の畑

 

生活の歳時記~フィールドノート



前回まで秋冬に仕込んだ畑の模様をお話しましたが、季節は巡り、春夏野菜の出番です。

今回は拡張した畑での第一弾・ ”青とうがらし” の植え付けをお伝えします。

適宜、ケアなどの情報を追加していきます。

▼ おおよそ2年前に作った ”葉とうがらしの瓶詰め” ・・今度は素材から作ってみたい!



青とうがらしラベル

この記事でわかること
1)春夏野菜の畑へ~春耕しゅんこうのあらまし
2)植え付けの実際

-PR-

春耕しゅんこう


庭の桜も終わり、活躍してくれたホウレンソウとナバナに別れを告げ、春夏野菜の準備です。




酸度測定の結果もほぼ良好!

アースチェック





住友化学園芸 アースチェック液 5ml


植え付け前に元肥。腐葉土と有機入元肥(化成肥料)をすき込んでおきました。

元肥


植え付け


A~Dのゾーン(約70×850センチ)*2023.9.23 ”駐車場の畑” 全景


畑各ゾーン

【4月28日】

Cゾーン と Dゾーン の間・ ”ニラ” の両脇に植え付けます。

植え付け場所


▼ ホームセンターで調達した青とうがらしの苗

青とうがらし苗

雨降りが続いて、だいぶ待たせてしまいました・・

▼ 植え穴を掘り、水を注ぎます

植穴

▼ 水が引いたら植え付けです

植え付け

▼ 倒れないよう、支柱を立てて誘引

誘引


だい鉄
だい鉄
ワンタッチで留められる誘引グッズもあるらしいですが、麻ひもを使った方が好きだな(^^)

▼ たっぷり水をやったら、稲わらの登場

水やりと稲わら

▼ 敷きわらを施します

敷きわら

かこちゃん  敷きわらについては下記の図書に説明があります。


(抜粋)土の乾燥を防いでくれるため、水やりの回数が少なくてすみ、そのため水の与えすぎで土が固まるという心配がありません。さらに雑草の繁殖を抑えてくれるという効果があり、除草の手間が省けます。加えて、土の表面が外気にさらされないため、地温を安定させてもくれます。夏は涼しく、冬は暖かい状態を保つことができるのです。

出典:鈴木早苗著 やさしい野菜のつくり方 株式会社新星出版社 2007年3月25日発行 267ページ




(ご参考)




【送料無料】《稲わら》「無農薬米・有機栽培米 の稲藁「わら」3kg「約10束」石川県産」[稲わら、稲藁、稲ワラ、わら、藁、籾殻、もみ殻、等販売]「無農薬」


▼ 完了です

植え付け完了




かこちゃん  to be continued


植え付け完了





-PR-





タイトルとURLをコピーしました