楽天~ヤフー~アマゾン~ インターネットコマース黎明期から独自の商品構成で20年、店舗運営に携わった元店長が提供する、健康・生活・食に関する情報の引き出し

蜂の巣の自力駆除のために~ハチの種類・特徴・専用殺虫剤・準備

蜂の巣生活
スポンサーリンク

蜂の季節

蜂の活動が活発になり、その攻撃性が高まる季節は種類によって異なりますが、
大まかには以下の通りです。

【ミツバチ】
2月~3月 10月~11月
*女王バチ以外でも越冬でき、越冬前後の時期に攻撃性が高くなる。
【アシナガバチ】
6月~8月
*巣作りと巣を拠点にした動きが盛んになる時期。
【スズメバチ】
7月~11月
*巣作りし、餌をめぐり他種のハチと戦い、特に危険度が高いオオスズメバチは巣を攻撃して滅ぼし、幼虫を自分たちの巣に運ぶという。

昨年の6月頃だったと思います。
引っ越してしばらく経った住まいの軒下に、アシナガバチの巣が出来ていました。
巣が大きくなっては大変と思い、巣作り半ばの比較的小さい時期にハチ専用の殺虫剤で駆除。
その時の模様、一部、以下で記載しました。

小さな庭の小さな仕合せ
生活のリセットで長年住まったマンションを引き払い、小さな庭付き住戸に引っ越したのが、激寒の最中、2月。何もない庭にとりあえずステップ台にと木箱を置きました。春になり蜂が出て、名も知らぬ花も咲き、夏は草刈りに追われ、秋にようやく庭づくり・・

 

だい鉄
だい鉄

昨日、炎天下の午前中、歩道にて、吹き出す汗の臭いに寄ってきたのか?
アシナガバチと思われるかなり大きなハチが顔の付近に・・
思わず上体を揺すり、振り払いました。
その動きが普通でなかったのでしょう・・近くを歩く人に(何だ?)と見られました(^^;

 

ミツバチ以外のアシナガバチと最も凶暴なスズメバチは6月、7月位に巣を作り始めることが多く、
人家の庭先や植え込み周辺などでも飛ぶ様子によく出くわします。


ヤブガラシとアオスジアゲハ
上の写真はキレイなアオスジアゲハがとまっているところですが、
5月位から庭や公園、藪や道端など、至るところに”ヤブカラシ”という雑草が成長し始めます。
ブドウ科に属する「つる性多年草」で、他の植物や壁などに絡み付いて育ち、
刈っても刈っても生えてくる生命力の強さは、他の草や藪を枯らす程ということが名の由来とか。

だい鉄
だい鉄

7~8月頃に小さなオレンジやピンクの花を咲かせ、花にはブドウのような甘い蜜が溢れ、その香りに誘われて、上記のアオスジアゲハなどの虫、そしてあらゆる種類のハチたちが好んで集まってくるのです。

 

ヤブガラシは生え広がり、繁殖力が高いので大変厄介な草ですが、
そこに集まるハチの存在に注意が必要です。
家の周りでヤブガラシが目に付いたら、花が咲き出す前に刈り取ることをオススメします。
(根こそぎ引き抜くのが鉄則です)
我が家周辺~駐車場脇にヤブガラシがかなり生えていたため、6月末に粗方引き抜きました。

だい鉄
だい鉄

冒頭に記載した、巣作っていたアシナガバチも去年までは近くに美味しいヤブガラシの蜜がある、良い環境だったのでしょう。

 

▼ ヤブガラシの花 歩道脇にも繁殖

ヤブガラシ

ヤブガラシ

巣の駆除

ミツバチ以外は概して、6~7月位に巣作りが始まり、活発化するハチですが、
出来れば、巣の出来始めの頃に巣ごと駆除したいものです。
しかし相手はハチ・・ 駆除は専門家に任せるのが一番です。
でもプロへの依頼は当然、お金もかかりますし、
(今すぐ取ってほしい)という要望に必ずしも応えてもらえる訳でもなく。


蜂の巣駆除

だい鉄
だい鉄

そこで、冒頭記載のように、(自分で駆除してみようか?)となる訳ですが、可能なのか?危険はないか?判断が必要です。

そのため、以下、考えてみます。

●危険を知る
●蜂の種類と巣の特徴を知る
●自力で駆除する際の注意を知る

蜂の種類

例えば、スズメバチは極めて攻撃性が強く、集団で人を襲い、呼吸困難や意識障害、
全身の腫れなどを引き起こすアナフィラキシーショックに至るほど毒性が強く、
毎年20人位が刺されて死亡しており、毒蛇や熊による被害より多いという。

 

だい鉄
だい鉄

正しい知識がなく間違った対応をした場合、ハチを刺激して襲われることも。
冷静に対処するために、ハチの種類や特徴を知っておく必要があります。

 

ミツバチ


ミツバチ

だい鉄
だい鉄

刺されるハチというより、美味しい蜂蜜を作ってくれるイメージが勝っていて、性格は穏やかで攻撃性は低いとされています。
が、随分前、6月頃、公園のクローバの花が咲く芝の上を歩いていた際、運悪く素足にサンダルでミツバチを踏んだのか?刺され、猛烈な痛みに苦しみました。

 

このように刺激を受けると攻撃してくることもあり、注意が必要です。
養蜂所の職員が刺され、ショック症状を呈した例もあります。

▼ 菜の花と ヤブガラシの花と

ミツバチ

ヤブガラシとミチバチ

 

【特徴】
●穏やかな性格
●大きさ:2センチ位まで
●集団生活(数千~数万匹)
●蜂蜜の採取や花粉づけのための飼育が多い
●針は刺さるとミツバチの体から抜け、ミツバチは死ぬ
●刺激すると攻撃も 毒性は強い
【種類】
●ニホンミツバチ
体長:12mmほど。巣は数年間使用される。草花の蜜や花粉を集める。性質は穏やかだが、女王蜂が死んだり、農薬が撒かれると興奮して刺しやすくなる。
寒い時期は攻撃性が高まり、巣に近づくと攻撃されることもある。
●セイヨウミツバチ
体長:13mmほど。
一般的なミツバチは、セイヨウミツバチを指すことが多い。攻撃性は、ニホンミツバチよりはやや高い。巣箱の移動時や、農薬散布時などに刺されることが多い。

ミツバチライン

【活動】
寒い時期に攻撃的になる
越冬前後(10月〜11月・2月〜3月)に攻撃性が高まる。集団で人を襲うことも。

▼ 平べったく、重なる巣

ミツバチの巣
屋根裏や床下に作られることが多く、サイズは幅最大1M位にも。

蜂蜜や沢山の死んだ蜂を処理せねばならず、自力駆除は困難と思われます。




アシナガバチ


アシナガバチ

だい鉄
だい鉄

冒頭記載のように、昨年自分で駆除したハチですが、名の通り、長い足のハチで、スズメバチによく似ていて住宅街でも普通に見かけます。
結論から言うとアシナガバチであれば、後述する要因が重なりそれなりに準備の上注意して作業すれば、自力駆除の可能性も?と思います。

 

比較的おとなしいハチですが、刺激すれば攻撃してきます。
種類によって毒性は強く、アナフィラキシーショックを引き起こす場合もあり、注意が必要です。

 

▼ フタモンアシナガバチ ヤブガラシの花と

アシナガバチ

ヤブガラシとアシナガバチ

 

【特徴】
●比較的おとなしい性格で攻撃性は低いが、巣に近づけば襲ってくる
●細身で大きさ:2.6センチ位まで
●足をたらしてフラフラ飛び、行動速度は遅い
●一部の種類はスズメバチを凌ぐ毒性も
【種類】(主なもの)
●キアシナガバチ
体長:21~26mmほどで最大。軒下など、家の周辺に巣を作り、攻撃性や刺された際の痛みが最も大きいとされる。
*ごく最近、巣作りを始めた所に近づいた際、2匹のキアシナガバチの猛烈に威嚇されました。
(自力駆除の必要は無い状況でしたが、駆除の際はプロに頼むしか・・と思いました)
●セグロアシナガバチ
体長:21~26mmほどで最大級。これも軒下など家屋に巣作りし、攻撃性高く、アナフィラキシーショックでの死亡例もあるという。

アシナガバチイラスト

【活動】
6月~8月に活発に活動
何もしなければ攻撃性は低いが、刺激をすれば一斉にかかってくる。

▼ 初期の巣 大きくなった巣

アシナガバチの巣(初期)

アシナガバチの巣

巣はハスの実のような感じで・・

だい鉄
だい鉄

~と言ってもハスの実を身近に見ることは出来なくなりました。これです(^^)


ハスの実
六角形が組み合わさった構成をしていて、典型的なハチの巣のイメージです。
大きいもので、直径15センチ位になるといい、意外に頑丈で突っついても中々壊れません。
特に根本がしっかりと壁などにひっついています。

上の写真で巣が出来始めの小さい時であれば、条件を満たせば、自力駆除も可能か?と思われます。





スズメバチ


スズメバチ

だい鉄
だい鉄

誰もが知る大型で極めて攻撃性の高い蜂で、毒性も強力です。
言わずもがなですが、自力駆除は避けるべきと思います。

 

巣に近づけば襲ってくる~集団で攻撃してくる~何度も刺す~といった凶暴性です、
刺された場合は病院での治療が必要です。

 

▼ オオスズメバチ ヤブガラシの花と

スズメバチ

ヤブガラシとスズメバチ

 

【特徴】
●攻撃性が高く、体も巣も毒性も最大
●大きさ:4センチ位まで
●刺すだけでなく、針から毒液を飛ばす
●毒液がある限り何度も刺す 集団で襲う
【種類】(主なもの)
●オオスズメバチ
体長:27~40mmほど(女王蜂は40mm前後)。嚙む力が強く、刺されたことによる腫れ・痛みは最も大きく、多くのハチに刺された場合、死ぬことも。
巣は土中に作ることが多く、他のハチも攻撃する。顎をカチカチ鳴らし、何度も刺す。移動時は最速で時速40キロ近くにも。
●キイロスズメバチ
体長:17~24mmほど(女王蜂は26mm前後)。気性が荒く、オオスズメバチの次に危険なハチ。屋根裏や床下に巣を作ることが多い。

スズメバチイラスト

【活動】
攻撃的な時期は7月から11月までも
特にオオスズメバチは他のハチも襲い、幼虫を餌として持ち帰る。

▼ フラスコ状の巣 ボール状の巣

スズメバチの巣(初期)

スズメバチの巣

直径は最大60センチにも。出入り口は一つで見張り役が常に監視しています。

 

だい鉄
だい鉄

つい最近、ある住宅街のゴミ置き場~植え込みの中で約15センチ位の作っている最中の巣を見つけました。入口や周辺を10匹近くのスズメバチが飛び交っており、思わず後ずさりしました。

 

巣を見つけたら、無条件に専門業者に駆除を依頼する必要があります。





自力駆除のポイント

前述の通り、アシナガバチで、巣の大きさがせいぜい直径10センチ程度までであれば、
自力駆除も可能では?と思います。(巣が出来ている場所にもよりますが)

【駆除の時間帯】

夕方
活動が鈍る夕方が一番です。この時間になると外に出ていたハチも戻っていて、一網打尽です。
昼間に作業するとハチの攻撃を受けやすくなるし、
異変に気付き帰ってきたハチにも襲われる可能性があります。

【匂いに注意】

シャワー
ハチは匂いに敏感です。刺激しないよう整髪料や香水は避けます。
前述のように汗の匂いにも寄ってくるので、シャワーを浴びるなどしてからの方がよいです。

【服装】

防護服があればベストです。自治体によっては貸出を行っています。
用意できない場合、以下に注意して揃えましょう。


HO-827 防蜂ネット

●防蜂ネット
養蜂家が使っている防蜂ネットが市販されています。100円ショップでは麦わら帽子取付用の防虫ネットも売っています。
●長袖・長ズボンの上下でなるべく厚く、万一刺されても針が通りづらいもの。色は黒っぽいものを避け、出来れば白で。
その上にレインコートを着るか、100均の雨具でも。
●手袋
革製、或いは厚手の軍手でも。
●長靴
ズボンの裾の中に履いた方がハチの侵入を防ぐので、ベター。
*首筋や手首など、肌を露出しないよう、タオルなども補助的に使用するとよいでしょう。
(暑くても作業は短時間です)

【殺虫剤】

蜂専用スプレータイプの殺虫剤が最適です。
合成ピレスロイドの成分が含まれていて、噴射後、数秒後には死滅します。

▼ イチオシはこちら!業務でも使用される強力スプレー



2本セット ハチ駆除 業務用 ハチノックV 480ml 住化エンバイロメンタルサイエンス 殺虫剤 スプレー 蜂 ノック 巣 アシナガバチ スズメバチ 退治 対策 あす楽対応 8月 お買い物マラソン ポイント 2倍 消費 消化 領収書発行 エントリーで
▼ ジェット噴射で、最長10M(無風状態)まで届くバズーカ方式も!



ハチ駆除 ハチアブ マグナムジェット 550ml アース製薬 殺虫剤 スプレー 蜂 虻 熊蜂 アシナガ クマ ミツ スズメ バチ アブ ブヨ クモ ムカデ カメムシ ケムシ 退治 対策 あす楽対応 8月 お買い物マラソン ポイント 2倍 消費 消化 領収書発行
 

だい鉄
だい鉄

ハチの巣までの距離が比較的遠くなく、風もなく、そして閉鎖環境に近ければ、
・・例えば、ベランダの片隅に知らないうちに巣が出来ていたとか・・という場合などはハチノックが最適でしょう。
巣への噴射で中からハチも出てきますが、追い打ち噴射でダメ押し・・アットと言う間です!
一方、少し高い場所・・”軒下”とか・・という場合、
ハチアブマグナムジェットは噴射による射程距離が長いため心強いです。
冒頭記載の昨年の駆除はこちらを使いました。

 

【その他の道具】

高い場所の巣の場合、以下も用意すれば、作業しやすいです。

●長い棒
殺虫剤を噴射した後、巣を落とす時に必要です。
●虫取り網と割りばし、袋
巣が落ちてくる所に予め虫取り網を広げて待機しておきます。
割りばしで巣や死んだハチをつまみ、コンビニ袋に入れて廃棄します。


蜂の巣の駆除
【駆除の後】

駆除の後もたまたま巣にいなくて生き残ったハチが再び同じ場所に巣作りする可能性があるため、
1週間位は殺虫剤をかけておくことが望ましいです。
雨が降った場合、剤が流し落とされますので、殺虫剤をかけなおします。

プロへの依頼

10代の頃までは新潟の田舎に住んでいましたが、ハチはもとより、
圧倒的多数の動植物や虫などの生き物に囲まれた生活だったので、
特にハチにフォーカスした覚えはありませんでした。
が、上京して都会の生活に浸かってしまうと、時としてこういう厄介者に煩わされ、
知識も経験も乏しいため、困り果て、無力を痛感してしまいます。

最近ハチに関わった経験が多少あり、調べてまとめましたが、前述の通り、
巣を作り始めているアシナガバチに限っては、自力駆除の対象になり得るか?というところです。
限定感があるかも知れませんが、対象となる確率は結構大きいと思います。

だい鉄
だい鉄

自力駆除の判断と実行は自らの責任でお願いします。こちらの記事はあくまで参考とお考え下さい。

蜂の巣駆除
そして、巣が大きくなった場合、さらに対象がスズメバチであるのなら、
迷わず、専門業者(プロ)に駆除を依頼すべきと思います。






過ぎし夏の記憶

20代終わり~40代前半にかけて、夏は北軽井沢でしばし過ごしました。

エアコンを忘れ、本を読み、犬と昼寝~過ぎ去りし北軽井沢の休日
かつて毎年、夏休みに北軽井沢で過ごしていた時期がありました。峠の釜めし、美味しい野菜を食べに訪れる、そう言っても過言ではない程。エアコンを忘れ本を読み、犬と昼寝・・玄関の脇に咲いていたホタルブクロ~静かな時間の流れを再現してみました。

関越道経由~碓井軽井沢~
インターを降りて車のウインドを開けると、ヒンヤリした外気に涼しさを実感・・
横川の釜飯が初日の美味しい晩ご飯。翌日は1年ぶりに家の周囲の草刈りです。
汗だくになった労働の褒美は、檜薫る一番風呂と湯上りのビールの至福・・

当時、あまり意識していなかったですが、今思えば、密生したヤブガラシを数時間かけて刈る、
その間、周りにはハチがブンブン・・

無知は時として・・怖いです(^^;

 


軽井沢別荘


スズメバチ威嚇 






タイトルとURLをコピーしました