楽天~ヤフー~アマゾン~ インターネットコマース黎明期から独自の商品構成で20年、店舗運営に携わった元店長が提供する、健康・生活・食に関する情報の引き出し

2019-10

ひねり出す楽しみと一体~磯の香り・素朴な苦み~ながらみの塩茹で

漁協朝市に並んだ江の島沖合の天然湘南ナガラミ(生)を塩茹でにて。つま楊枝を刺しくるくるとひねると小さな内臓も付いてきますが、これがまたほろ苦く美味しいです。実はこのながらみ塩茹では1982年頃セブンイレブン1号店でも販売されていたのです。

鏡のようにキリッとした白身~ムラソイの煮つけ

カサゴやメバルの仲間「ソイ」は馴染みなく鮮魚店店長に食べ方を尋ねました。以来、馴染みとなり、有難い情報源のお店です。煮付けは熱を加えると締まり舌ざわり滑らかに感じ、煮汁に引き立つ上品な味。胃袋・皮・薄腹の可食部も入れるとコクが出るようです。

三浦・毘沙門で獲れた、旨味と脂しっかり~スズキの刺身

漁協朝市で調達したスズキを西潟正人著「釣魚料理図鑑 我が家でさばこう!うまい魚101」を見ながら 、木屋の中出刃で捌きました。血合いがキレイな白身。旨味と脂味しっかり。お腹の中の白子や浮袋、皮も湯通してポン酢で頂き、残ったアラはアラ煮です。

旬のヤリイカに納豆&シャキシャキカイワレ♪体にいい献立~イカ納豆

ケンサキイカと並び高級イカの鮮度よいヤリイカを切り分け、食物繊維たっぷり、発酵食品・納豆とミネラル豊富なカイワレを加え和えて頂く体にいいイカ納豆。ゲソやエンペラはバター焼きに、肝はオーブントースターで肝焼きに~捨てるところが殆どありません。

歯ざわりよい締まった身~カンパチの刺身

赤身で少しねっとりした脂があるもブリより弱めでお味さっぱりの刺身です。頭、カマ、中骨は旨いダシが出るので美味しいアラ汁がいただけ、捨てるところがありません。カルパッチョ、塩焼き、煮付け、ソテー、フライ、魚すきなど、どんな料理にも合います。
新潟弁

新潟弁「か」行

新潟県も広くここで記載の新潟弁は下越・現新潟市江南区の亀田、横越あたりの方言で、私・卒業店長がこどもの頃に親しんだ言い回しです。当時の農村生活に根差した土着の言葉もあり、都会化された現在の同じ地域でも全く通じないこともままあると思われます。
新潟弁

新潟弁「た」行

新潟県も広くここで記載の新潟弁は下越・現新潟市江南区の亀田、横越あたりの方言で、私・卒業店長がこどもの頃に親しんだ言い回しです。当時の農村生活に根差した土着の言葉もあり、都会化された現在の同じ地域でも全く通じないこともままあると思われます。
新潟弁

新潟弁「は」行

新潟県も広くここで記載の新潟弁は下越・現新潟市江南区の亀田、横越あたりの方言で、私・卒業店長がこどもの頃に親しんだ言い回しです。当時の農村生活に根差した土着の言葉もあり、都会化された現在の同じ地域でも全く通じないこともままあると思われます。
新潟弁

新潟弁「や」行「ら」行「わ」行

新潟県も広くここで記載の新潟弁は下越・現新潟市江南区の亀田、横越あたりの方言で、私・卒業店長がこどもの頃に親しんだ言い回しです。当時の農村生活に根差した土着の言葉もあり、都会化された現在の同じ地域でも全く通じないこともままあると思われます。
タイトルとURLをコピーしました