旬の野菜・山菜・魚介を愛し、産直の食材などを瓶詰にもしつつ、生活のエッセンスも保存して楽しむ健康四季折々

2019-10

新潟弁

新潟弁「か」行

新潟県も広くここで記載の新潟弁は下越・現新潟市江南区の亀田、横越あたりの方言で、私・卒業店長がこどもの頃に親しんだ言い回しです。当時の農村生活に根差した土着の言葉もあり、都会化された現在の同じ地域でも全く通じないこともままあると思われます。
新潟弁

新潟弁「た」行

新潟県も広くここで記載の新潟弁は下越・現新潟市江南区の亀田、横越あたりの方言で、私・卒業店長がこどもの頃に親しんだ言い回しです。当時の農村生活に根差した土着の言葉もあり、都会化された現在の同じ地域でも全く通じないこともままあると思われます。
新潟弁

新潟弁「は」行

新潟県も広くここで記載の新潟弁は下越・現新潟市江南区の亀田、横越あたりの方言で、私・卒業店長がこどもの頃に親しんだ言い回しです。当時の農村生活に根差した土着の言葉もあり、都会化された現在の同じ地域でも全く通じないこともままあると思われます。
新潟弁

新潟弁「や」行「ら」行「わ」行

新潟県も広くここで記載の新潟弁は下越・現新潟市江南区の亀田、横越あたりの方言で、私・卒業店長がこどもの頃に親しんだ言い回しです。当時の農村生活に根差した土着の言葉もあり、都会化された現在の同じ地域でも全く通じないこともままあると思われます。
タイトルとURLをコピーしました