楽天~ヤフー~アマゾン~ インターネットコマース黎明期から独自の商品構成で20年、店舗運営に携わった元店長が提供する、健康・生活・食に関する情報の引き出し

相模湾の恵み~朝獲れ生しらすの至福!

生シラス
スポンサーリンク

「魚料理はじめました!」

しらす漁の海

サーフィン

湘南の海と言えば”波乗り”がすぐ思い浮かぶと思います。
実際、季節を問わず、海には朝から沢山のサーファーが繰り出します。
そして真夏ともなれば、海水浴客含め沢山の人が押し寄せ、道路は大渋滞です。

でも海も棲み分けされており、地域産業として漁業も盛んで、漁協もあり、
しらす漁の解禁の季節は早朝から漁船が行き交います。

しらす漁の海

だい鉄
だい鉄

地元・湘南の海は毎年3月にしらす漁が解禁となります。水温や海流の変化で微妙に獲れ高は異なり、「今年はサッパリ・・」と嘆いていると、突然「豊漁!」となることもあります。

春のしらすと秋のしらすでは個体も味わいも違うようです。そして12月の終わり、その年のしらす漁はおしまいになります。


シラスライン

湘南に住むことの恩恵の一つは獲れたての生しらすを味わえること。
仕事休みの朝の9時前、馴染みの網元の店で待っていると、暫くして港から車が戻り、
加工場で慌ただしく水洗い~パック詰めされ、店に並びます。
料理屋も多く買い付けにくる、この生しらすは足が速いので、
せいぜい遅くともその晩、早めに食べないとせっかくの味が台無しになりますが・・

生しらすパック
生シラス

ザックリ盛った生しらすを薬味につけていただく・・
薬味は、ネギ・大葉・生姜・みょうが、全て揃えば最高です。

生しらす丼

そして〆は生しらす丼!問答無用の美味しさです~♪

*下・右は釜揚げ桜エビとの贅沢な二色丼です。

生シラス丼

生シラスと釜揚げ桜エビ

豪快に掻き込む至福のとき・・(^^)

生しらすのかき揚げ

さらにオススメなのが、獲れたての生しらすのかき揚げです。
漁協朝市のスタッフより教わりましたが、新鮮な生を使った贅沢なかき揚げ・・
口中広がる海の恵み・・旨いですヨ~ (^^)V


だい鉄
だい鉄

元々、この生しらすが名物の漁協朝市に通ったことで背中を押され、鮮魚を求め自分で魚を捌くようになったのですが、漁協のスタッフや漁師との話は楽しく、大変参考になります。ついには漁協主催のBBQにも呼ばれるようになりました(^^;


*生しらすのかき揚げそば(下・右)は頬っぺたが落ちます(^^)

生しらすかき揚げ
生しらすかき揚げそば

 

だい鉄
だい鉄

この海ではまだ何軒か、地引網も営業しています。企業や市のイベント、町内会主催などで春から秋、日曜の朝などに開催されています。青空の下、網があがってくると歓声が上がり、盛り上がります。獲れたての魚介を皆さん近くのよしず張りでいただいています。楽しくもいい光景です。


地引網

シラスはカタクチイワシの幼魚であり、4月頃は生シラスが中々獲れなくても
替わりにカタクチイワシが沢山獲れる時期でもあります。
このカタクチイワシも中々の絶品ですが、それはまた別の機会で。


シラスライン


▼ 生シラス 釜揚げシラス シラス干し ジャコ タタミイワシ 田作り・煮干し 丸干し
 ~みな元はカタクチイワシで、処理法の違いによって異なる食べ方・加工品になったものです。
 この辺りもトピックス交え、丁寧に解説されています。


【中古】 釣魚料理図鑑 我が家でさばこう!うまい魚101 /西潟正人【著】 【中古】afb

▼ 江の島のお店で提供するしらす問屋の美味しい産直も!


江の島とびっちょ 生しらすと釜揚げしらすセット/ギフト 湘南名物 お土産








タイトルとURLをコピーしました